udukiryujin’s diary

ゲーム、ラノベ、アニメなどについての雑記

ソクラテスラ感想

はい、今回は、ボードゲームソクラテスラを遊んだので感想を書きたいと思います。

 

基本的なルールは以下を参照していただけると助かります。 

udukiryujin.hatenablog.com

 

 

年始に友人と集まり新年会ができたので、その時に遊びました。

 

まずは、通常版を数回遊んだのですが、これはカードに書いてある数値を使い聖杯のルールに従って戦ったので、普通にカードゲームと同じ感覚でしたね。

偉人を場に出すときに名前を読んだり、その偉人の説明を読んだり、そこは面白かったと思います。

 

初めてやる人がいる場合、最初は拡張版を加えず、通常版のみでルールや動きを覚えると良いと思います。

 

 

次に拡張版を加えて遊びました。

 

こちらには黒の聖杯が増えていたのですが、黒の聖杯に書かれているルールがカードに書かれている数値で戦うのみではなく

「主人公にふさわしい偉人が勝利」

「ラスボスにふさわしい偉人が勝利」

など急にTRPG大喜利要素が強くなり、かなり盛り上がりました。

 

カードにはその偉人の説明が右腕、胴体、左腕で一通り完成するのですが、基本ばらばらになるので、大喜利のような文章が完成します。

なので、その文章をいい感じに繋げて、「これはこうだから主人公だ」や「ラスボスだ」のように話を膨らませることができ、わいわい遊んでいました。

 

とりあえず、レーニンのカードがラスボス感満載でしたねw

 

お酒も入っていたこともあり、結局6時間以上もやっていたと思います。

 

 

公式のルールだと人数が少ないと黒の聖杯は少なくなるのですが、逆でもいいんじゃないかなっと思いました。

逆に人数がたくさんだと勝負が長くなる気がするので、普通の数値での勝負をしつつ、最後辺りに黒の聖杯で決着をつけるのが楽しい遊び方のように感じました。

 

 

なんだかんだでコンボ的なこともできたり、聖杯とのシナジーがあったり、やればやるだけ発見がある楽しいゲームです。

 

 

プレイ人数や初めてやる人数にもよりますが、通常版で肩慣らしや基本的なルールを覚えるために数回やって、あとは拡張版の黒の聖杯を使って大喜利バトルをするのがオススメです!